お葬式の料金は

お葬式の料金にはかなり幅があります。

葬儀費用は大きく分けると、葬儀を行うに当たって必ず必要になるものが基本になり、これにその他の費用がプラスになってきます。

例えば斎場・セレモニーホールで葬式を行えば会館使用料がかかりますし、お通夜・葬儀・告別式に出席する方々への飲食代も必要です。

そして香典返しを準備する費用。最後にお寺さんへ渡すお布施・・・これが地域やお寺さんによって全然違ってくるんですね。100万円オーバー位を要求されるケースもあれば30万円位で枕経から全てを請け負ってくれる住職もいます。

このお寺へかかる費用が大きいのでお葬式の料金の全国平均は240万円位と言われています。飲食代や香典返し代は出席する人数によって変動するので何とも言えませんが、葬儀を行うに当たって必ず必要になる基本の料金位は安く済ませたいのが本音だと思います。

この葬儀費用の基本になる部分をカバーしてくれるのが互助会なんですね。
タグ:葬式 料金

斎場知ってます?

斎場・・・葬儀を行う場所です。

最近の斎場は大きなセレモニーホールから少人数用の斎場まで幅広く存在しています。昔はその街に「お葬式だったらあそこ」的な斎場が一つはあったものだけど、今はえっこんな所に斎場があったんだって思う位、あちらこちらに様々な葬儀社の斎場があるんですよね。

大々的に行う葬儀は立派な葬儀って言う感覚が古くからあるけれど、今は家族葬という少人数で本当の身内だけで行う葬儀の形が増えてきたりと葬儀のスタイルも様々です。大切な家族を見送るという事への考え方に変化が出て来たのかも知れません。

自宅で葬儀を行うのは大変です。家の間取り的に大人数が集まるのは無理って言うのもあるし、集まった親戚の食事の支度から布団の準備など、大変な問題があるので、最近の葬儀は斎場で行うケースが殆ど。

ある程度の人数なら泊まれる設備も充実していて最近の斎場は昔の斎場とは違ってきています。現代のニーズに答えた斎場はこれからもどんどん増えて行く事でしょうね。
タグ:斎場

葬儀社って

葬儀社・・・葬儀屋さん・・・。

どこの街にも必ずあって古くから地域密着って感じで営業している葬儀社ってあるでしょ?人には必ず最後がある・・・だからどこの街にも葬儀社はあるし必要なんですね。

「葬儀屋さんに勤めています」って言うとなんだか色々ありそうで大変って感じですが、葬儀社の人達って勤務の時間帯とか苦労が多いみたいです。何時なん時起きるか分からない葬儀発生という事態を取りまとめる仕事だから、当然葬儀社は何時電話がかかってきても良い様に24時間体制で営業しています。

当番制で会社に泊まり込みするのが当たり前。真夜中でも葬儀発生の連絡が入ればご自宅や病院へ急いで向かわなければいけない葬儀社の人達って、気が休まる時って無いのかもしれません。

葬儀の段取りやお寺への手配など、葬儀社で働く人達は葬儀に係わる色んな知識も必要です。宗派の違いや宗教の違いでお線香を立てる本数から違ってくる・・・喪主さんからも色んな質問を受けたりね。地域で活躍している葬儀社の人達って、その街で暮らす人々の最後をサポートする大切な存在なのかもしれませんね。
タグ:葬儀社
I Love FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。